電話代行で自社のカスタマーセンターを設立

近年、各企業が提供する商品やサービスに関して問い合わせを受け付けるためのカスタマーセンターを設置する企業が増え、お客様からの問い合わせに対応する体制を整える事が増えてきました。普段、商品やサービスを利用している上で、何か質問や不満があった際には、カスタマーセンターへ電話をする事で、迅速に解決が出来る様になりました。
そこで、まだカスタマーセンターを設置していない企業はこぞって独自のセンターを設置する様になりましたが、規模が小さい企業の場合、一からセンターの人材を採用し、スタッフが働くための場所と設備を揃えるには、それなりの費用がかかってしまいます。



そして電話対応の経験がない場合、一から自社でマニュアルからトレーニング等を行う事は簡単ではありません。

そこで注目されているのが、電話代行サービスで、自社のカスタマーセンターを一括で外部へ委託する事が出来ます。
もちろん、自社の名を名乗って電話の応対をし、電話をしてきたお客様からすると、まさかその会社の人ではないと疑う事もないでしょう。
電話代行を利用するメリットとして、まとまった人材の採用と、トレーニングが一切必要無い点です。



すでに電話代行としてビジネスを展開している企業であるため、お客様とのコミュニケーションのノウハウをすでに持っている強みがあります。

基本的な応対に関するノウハウがあるため、後は各企業に合った商品やサービスの説明が出来れば問題ありません。この様に電話代行を活用する事で、自社のお客様によりよりサービスを提供する事が出来る様になるでしょう。

日本経済新聞の情報サイトが便利です。