電話代行サービスの魅力

電話代行はあなたのお客さんからの電話にオペレーターが対応してくれるというサービスです。
秘書代行とも呼ばれるサービスです。

実は昭和40年代からある古いものです。そのオペレーターはオペレーションルームに待機していて、電話がかかってきた時、あなたの名前で取次ぎます。
自社の社員が電話に出ているのと変わりません。



オペレーターは用件、名前、連絡先を承ります。


スケジュール案内などもしてくれます。

電話内容は担当者にメールなどを通して報告されます。もちろん複数の担当者に対して、同時に報告することもできます。
電話代行サービスにおいては、かかってきた電話を逆転送をするタイプ、通話を転送するタイプがあります。


そのために電話回線を利用するわけですから、入会金がかかる場合もあります。


それでも料金は思ったより安いでしょう。


そのオペレーターの優れた点としては、言葉遣いが優れています。

日本経済新聞情報はこちらに集まります。

相手にとても良い印象を与えることができるきれいな言葉遣いです。



また、電話内容だけではなく、細かいニュアンスまで伝えてくれます。
電話代行の業者の選び方に関しては、そのホームページなどを参考にしましょう。

臨機応変に対応してくれるところを選ぶということも大切なことです。それから、自社の状況をしっかり把握してくれる業者は良い業者です。

選んだ電話代行サービス業者のオペレーターは自社の顔です。
どの業者でも同じだと思ってしまわず、充分に比較検討しましょう。